とうきび

「とうきび」とは

トウキビとは標準語で「とうもろこし」。
北海道ではとうもろこしのことを「トウキビ」と呼ぶのです。
とうきび
北海道を旅した方はお気づきだと思いますが、夏の北海道にはとうきび畑が多く
その凛と伸びた苗の姿に、あの上品な甘み溢れるトウキビの味を想像させ、収穫の8月に想いをはせる。
日本のとうもろこしの起源は16世紀にポルトガル人が伝えたと言われ、
北海道には明治初期にアメリカから輸入したのがはじまりと言われています。

とうきび今では国内生産の4割程度が北海道で生産・収穫される「とうきび」、
それはもちろん日本一の量です。しかも美味しさも日本一とまで言われる。
それには理由があります。

太陽の光を十分に浴び、光合成をし糖分を蓄える。
そして夜になると一気に低くなる気温でその糖分を逃がさない。
日照時間が長く、昼と夜の寒暖差が大きい北海道の大地に適した
作物と言えます。

そんな北海道のとうきび(とうもろこし)に近年、新たな品種が登場して話題になっていますね。
生のまま食べても甘くておいしいトウモロコシ。テレビ雑誌でも話題となり芸能人もその甘さに驚いた、
その名も「ピュアホワイト」。幻の白いとうきびとも呼ばれ、その甘さはメロン以上の糖度です。

とうきびとうきび
このピュアホワイトは育てるのに手間がかかる為、通常の黄色いとうきびと比べると数が少ない。
8月の収穫時期には注文が殺到して購入できない人もいるくらいです。


そんなピュアホワイトは、6月1日〜7月30日までの期間限定予約受付中!注文するなら今がチャンスです!
Yahooショップで旭山動物園白くまコーンを購入する
楽天ショップで旭山動物園白くまコーンを購入する

旭山動物園白くまコーン

そんな白いとうもろこし「ピュアホワイト」が、旭山動物園監修の化粧箱に入って販売されています。

とうきび

Yahooショップならここ

楽天ショップならここ

その名も「旭山動物園白くまコーン」。うんうん!これは人気なのが頷けます。
この商品は大人気で毎年何万本という数の注文が入ります。
北海道の大地の恵みをバキっと朝もぎ収穫して、すぐさま発送される。
しかも旭山動物園の動物たちが描かれた箱に入って。う〜ん素敵です。


6月1日〜7月30日までの期間限定予約受付中!注文するなら今がチャンスです!
Yahooショップで旭山動物園白くまコーンを購入する
楽天ショップで旭山動物園白くまコーンを購入する
しかもこの商品には調理説明書とお塩が付いてきますので、とうもろこしを茹でたことがない人でも安心です。

とうきび

収穫は8月なので、その間だけの季節限定商品!まさにこの時期を逃すと、来年の夏まで食べられません。

8月のとうきび収穫期

7月も中ごろを過ぎるとトンボが飛び始めます。
とうきび
そして8月になると虫も植物も色付き、赤トンボが多く飛ぶ。そうなると、とうきびの収穫時期です。
カエルの鳴き声を聞きながら朝もぎのとうもろこしを収穫していると、その背中には赤トンボがとまる。
まさに北の大地ならではの光景で大好きです。
とうきびとうきび
とうきび

Yahooショップで旭山動物園ライオンコーンの詳細を見る
楽天ショップで旭山動物園ライオンコーンの詳細を見る

旭山動物園ライオンコーン (ゴールドラッシュorサニーショコラ)を契約農家で朝もぎし、
翌日もしくは、翌々着でお届けします。

⇒Yahooショップで旭山動物園ライオンコーンを購入する
⇒楽天ショップで旭山動物園ライオンコーンを購入する