レッサーパンダの吊橋

登る!渡る!走る!レッサーパンダの驚きの能力

吊橋を渡る姿が比較的見やすいとされる時間帯は「開園直後か閉園間際」。

お客さんの頭上、高さ3.5mの吊橋。
その吊橋を、時には下にいるお客さんをチラ見しながら、時にはトントントンと勢いよく走って渡ったり、
レッサーパンダの愛らしい姿と、知らなかった野性的な凄い能力の数々。
旭山動物園のレッサーパンダを見たら、今までのイメージが変わるかもしれません!

2007年12月21日レッサーパンダの新飼育舎が完成しました。
深さ1.5mの堀を利用し、オリなどの囲い網がない造りのその施設はとても近くでレッサーパンダを観察できます。レッサーパンダの吊橋レッサーパンダの吊橋
深さ1.5mの脱出防止用のモートの向こうには左右二つに分かれた放飼場があり、
向かって左側は堀を渡ってお客さんの目の前まで来られるように小さな橋が架かっています。
レッサーパンダの吊橋レッサーパンダの吊橋レッサーパンダの吊橋
レッサーパンダの吊橋レッサーパンダの吊橋
ガラス越しにこんなに近くで観察することができるんです!!食べる様子も昼寝の様子もバッチリ!

そして向かって右側は高さが4mの擬木があります。その擬木は放飼場の外側にある大きな木と繋がっています。
何で繋がっているかと言うと、『吊橋』。高さが3.5mの吊橋と繋がっているのです!
レッサーパンダの吊橋レッサーパンダの吊橋
つまり、レッサーパンダはお客さんの頭上の吊橋を渡って放飼場外側の木に移動できるのです!
レッサーパンダの吊橋
お客さんは自分の頭の上をレッサーパンダが歩く姿を観察できる。
この姿は私が今まで持っていたレッサーパンダのイメージを変えましたよ。
レッサーパンダの吊橋
レッサーパンダの吊橋レッサーパンダの吊橋
レッサーパンダの吊橋を渡る動画はこちら⇒レッサーパンダ吊橋動画
レッサーパンダの吊橋
今までは「可愛い」が一番強かったのですけど、今では「凄い!!」が一番に。
まさに「行動展示」と思えるこの施設でレッサーパンダは本当にイキイキとした姿を見せてくれます。
レッサーパンダの吊橋レッサーパンダの吊橋
レッサーパンダの吊橋
レッサーパンダの吊橋レッサーパンダの吊橋
寒さにも強く、木登りも得意。樹上で眠るその姿は本当にヒマラヤなどで生活する野生の姿を想像させてくれます。
レッサーパンダの吊橋レッサーパンダの吊橋レッサーパンダの吊橋
垂直に木登りしたり、木から木へ素早く軽快に移動したり、本当にその能力には驚くばかり。
みんながその存在に気づかないこともある程、高い木の上でお昼寝したり、
野生動物ってこれが本来の姿なんだなぁと感心させられます!レッサーパンダの吊橋

日中は吊橋を渡った所にある木の上などで眠っていることも多い旭山動物園のレッサーパンダですが、
吊橋を活発に渡る姿を見るなら、開園直後や閉園間際が良いと言われています。
しかしこれも動物の気分次第。時には日中でも頻繁に吊橋を渡る姿を見ることもありますし、
閉園間際でも眠っている時もあります。それもこれも旭山動物園の行動展示!動物のありのままの姿を
たっぷり楽しんでくださいね。レッサーパンダの吊橋を渡る動画はこちら⇒レッサーパンダ吊橋動画
レッサーパンダの吊橋