もぐもぐタイム・なるほどガイドとは Asahiyamazoo mogmogtime

もぐもぐタイム
「もぐもぐタイム」とはその名の通り、動物達のエサの時間です。
動物達の習性を引き出すエサの与え方をする「もぐもぐタイム」は旭山動物園ならではの魅力。
さらに飼育員さんしか知らない「野生の動き」や「自然界で動物がおかれている現状」を解説してくれるのです。

そして!2010年4月29日の夏期開園から新たな企画が始まりました。その名も「なるほどガイド」。
なるほどガイドとは、飼育展示係の方が動物の深いところまでじっくりとお話するという、
面白くてタメになるという企画です。毎日不定期で行われるこの企画も見逃せません。

「なるほどガイド」も「もぐもぐタイム」もそれぞれ毎日各動物により行う時間が違うので
スケジュールを見て計画を立てるのがポイントとなります。上の写真に心得として書いてありますが、
時間割を写メで撮影しておくと「次は何時にどの動物のもぐもぐタイムが行われるか」を把握でき便利です。
ちなみに旭山動物園の携帯HPでも時間割が毎朝更新されています。こちらです⇒携帯版旭山HP

次に全ての動物のもぐもぐタイムを見れると嬉しいですが時間の都合上なかなか難しいと思います。
そこで見たい動物の優先順位をつけて行動すると効率よく見学できます。

そして人気のもぐもぐタイムは30分以上前から行列ができる事があります。
動物園としても多くの人に見てもらう為に入れ替え制などで対処していますが、
8月などの混雑時はあまりの人数が並び最後の方の人は見ることが出来ないことがありました。
そのことから絶対に見たいと思うもぐもぐタイムは30分くらい前から並んで準備しておくことをオススメします。

さてさて、そんな「なるほどガイド」とあなたの見たい「もぐもぐ」している姿は一体どの動物ですか?
そんなもぐもぐタイムを楽しむ為の注意点をまとめましたので下をご覧下さい!!

     

もぐもぐタイムのワンポンイント

ペンギン水中
(水中給餌)
もぐもぐタイム飼育員さんが水中ダイバーとなりプールに潜りエサをあげます。
お客さんは水槽の前に4列に並び見学します。
人気の為に入れ替え制となっていて、30秒程で次の組の人たちと
入れ替えとなります。始まる数十分前から並びはじめます。
ペンギン陸上
(放飼場)
もぐもぐタイム陸上のぺんぎん放飼場で飼育員さんが解説しながらエサをあげます。一番前列の方は中腰、2列目3列目の方は台の上に立って見学します。車椅子エリアや子供エリアがあります。
ペンギンの散歩
(※冬期限定)
もぐもぐタイム足を痛めないように積雪がある時期にだけ行われる
ペンギンの散歩。500メートルほどの距離を40分程かけてペンギンのペースで散歩します。お客さんは赤いラインの手前に並びます。一番前列のお客さんはしゃがんで見学します。早い人は30分ほど前から並ぶお客さんもいますが、真冬の為かなり寒いです。
ペンギンの散歩について⇒もっと詳しく見る
ホッキョクグマ もぐもぐタイムほっきょくぐま館は展示場所が2カ所になっているのですが、もぐもぐタイムが行われるのは巨大プール側です。飼育員さんが屋上から解説しながらプールにエサを投げ入れます。お客さんは水槽の前に並びます。水槽の前で見ている人は全員しゃがみます。しゃがめない方は後ろの台にあがるか、さらに後ろの中二階で見学します。
入れ替え制となっていて通常は3回入れ替えが行われます。それでも混雑時は見られない人がでるほどの人気のために混雑時は30分くらい前から並び始めるお客さんも多いです。
アザラシ もぐもぐタイム屋外放飼場で行われます。飼育員さんがホッケを与えながら解説してくれます。車椅子エリアや子供エリアの優先席があります。数分前から台が設置され、一番前列は中腰になります。後ろの方は台の上から見学します。一番前で見たい方は15分ほど前から待つお客さんもいます。

ここは、あざらし館の2階にある無料休憩所からも観察できます。以前は窓側の一部からしか見えなかったのですが、近年はその休憩所の隣に野外バルコニーが作られ見学スペースができ見やすくなりました。混雑時は2階に上がり、上からモグモグタイムを見学されるのもオススメです。
オランウータン
空中散歩
(夏期限定)
もぐもぐタイム飼育員さんが果物などを与え解説してくれます。オランウータンはお客さんのはるか頭上、高さ17メートルの塔を登り空中散歩します。まさに樹上生活者の凄さを体感できます。冬は行われませんし、夏でもオランウータンの気分次第ではロープを渡らない時もあります。屋外で行われるため並ばなくても見ることができます。

屋外で見るモグモグタイムは比較的見やすいのが多いですが、
屋内で行われるもぐもぐタイムはスペースが限られているので並ばないと見られない時が多いです。
大人気のもぐもぐタイムは入れ替え制などして多くのお客さんに見てもらえるように工夫されていますが
それでもあまりの混雑になると並んでいても見られない程の行列になることがあります。
どうしても「この動物のもぐもぐタイムは見たい!!!」という方は30分くらい前から並んだりして
スタンバイしておくと良いと思います。(トイレを済ましておくというのも重要ですよ!)
しかし、もぐもぐタイムを見るために長く並んで他の動物を見る時間が無くなっちゃった・・・・
ということが無いように各門やサポートセンター前にあるスケジュール時間を見て計画を立てることがオススメです。

もぐもぐタイムを上手に見るコツや注意事項

スケジュールは正門、西門、東門と園内にある観光情報センター前で掲示されますので要チェックです。

そして、もぐもぐタイムの時間はどの動物も大人気なので非常に混雑します。
特にホッキョクグマなどは入りきれないほどの人だかりに!数十分前から結構な列が並びます!!
しかし混雑時はより多くのみなさんに見てもらう為に、入れ替え制を行っています!
3回ほどお客さんを入れ替えて行われるようになり、通常の混雑時でも見やすくなりました。

とは言っても凄く混雑している時や動物の状態によってはなかなか思ったようにはいかないときもあります。
例えばホッキョクグマの繁殖期などは、エサに興味を示さなくなりプールに飛びこまなかったりするのです。
なので並んで待っていたとしても、「ここから後ろの方は申し訳ございませんが見ることができません・・・」って
言われることもあります。しかしそれも旭山動物園の行動展示!動物のありのままの姿です。

そこで、その時間をあえて外し、他の園内を回ると他の人気施設がガラガラのことも!
つまり、ぺんぎん館やほっきょくぐま館など人気動物の「もぐもぐタイム」には
ほんとに人が集中して混雑するのですが、逆にほかの動物は見やすい時があるのです!

特に冬限定の「ぺんぎんの散歩」などは大人気でみんなが散歩コースに集中しますので、
その時間帯は他の施設はガラガラになって自由気ままに見学できたりするんです。
休日などは特に混雑するので、そういった方法で空いた施設をゆっくり見て周るのも
ひとつの良い方法かもしれません。

それとどうぶつ達のあまりの凄さ見入っている間に、スリにあったという事件も実際にありましたので
手持ちのカバンなどは手前で抱えるようにして注意することをオススメします!

もぐもぐタイムスケジュール

※動物の体調や天候などにより中止となる場合があります。
時間 内容
10:30 ペンギン
11:00 ホッキョクギマ
11:30 アザラシ
11:45 オランウータン
13:30 オランウータン
14:30 ホッキョクグマ
15:15 アザラシ
15:45 ペンギン

その他の動物は当日の朝
9時30分頃に決定し発表されます。
ここです

旭山動物園携帯版
リアルタイムもぐもぐタイム時間割


もしくは
 動物園内の正門、西門、東門と、
園内のサポートセンターの前に
掲示されますので要チェックです。
不定期に行われる予定の
もぐもぐタイム

(2012.4.28更新)



ヒグマ
ダチョウ
エミュー
シロテテナガザルとキョン
キリン
クモザル
トラ
チンパンジー
エゾシカ
ニホンザル
ペンギン(水中給餌)
レッサーパンダ
ワオキツネザル

ヤギ
イヌ


なるほどガイド
※不定期で行われ、
その日の朝にどのガイドが行われるか決定され発表されます。
(2012.4.28更新)
「・オオカミ」「オオカミはこうしてイヌになった」
「・ワシ・タカ」「スズメとカラス」
「・ペンギンあれこれ」「・カバ」「・シマフクロウ
「・動物のホネの秘密」「・ボルネオへの恩返し」「ヤマアラシ」
「・えほん・かみしばい」「・ブラッザとコロブス」
「・ニワトリ」「・こども牧場の動物たち」「・カイウサギ」「・モルモット」
「・リクガメ」「・チンチラ」「・アヒル」「・ヒツジ」
「・ポニー」「・イヌ」「アオダイショウ」「たまご」

「・キジ舎のトリについて」

mogumogu photo

イキイキとした動物の姿を写真に!その際は絶対にフラッシュを切って撮影しましょう!!
旭山動物園ではフラッシュ禁止。動物の目が痛んだり、ストレスとなって病気になったりする危険があるので
絶対にフラッシュを切らなければいけません。慣れてない方は出かける前にカメラの説明書を読んでフラッシュを
切る方法を確認された方が絶対に旭山動物園の思い出を残す為に役立ちますよ!

もぐもぐタイムもぐもぐタイムもぐもぐタイム

写真をもっと見るならこちらへどうぞ⇒無料旭山動物園写真メルマガ「北国からの優しい風」