服装の選び方について

動物園を楽しむ為の服装選びを解説します

3月はまだまだ寒い!

3月にもなれば多くの人が春がやってきたと感ずることでしょう。たしかに北海道も暖かい日が増え、畑には雪解けを早める融雪剤が散布され始め 道端に積もった雪もその大きさがどんどん小さくなってきます。 しかし!まだまだ寒いです!真冬並ではありませんが、朝晩はほぼ氷点下です。 日中でも氷点下近い日も多い年もありますし、特に旭山動物園は山の方にあるため この時期の風は結構な冷たさです。

ペンギンの散歩は毎年、積雪が少なくなる3月中旬まで行われていますが、 少なくともこのペンギンの散歩が行われている間はある程度の防寒対策が必要だと思って下さい。 ちなみにこの写真は2010年3月16日に撮影したものですが

毛糸の帽子を被った方も多く見かけるほどみなさんまだまだ暖かい格好をされています。 この日は特に、途中から吹雪いてきたりしましたので、動物園に設置されている温度計も氷点下2度となっておりました。

近年、気候の変化により一概に比較できなくなってきましたが、 少なくともペンギンの散歩が続いてる間は、真冬並とは言いませんけど ダウンジャケットや、マフラー、手袋など暖かい服装をオススメ致します。 また路面はビチャビチャの時も多いので、防水の靴は必須です。

旭川の平均気温。今の天気は?明日の天気は?

・今日の北海道旭川市の天気予報
・今週の北海道旭川市の天気予報
・旭川のアメダス
・過去の旭川、この日の天気は?気温は?

  平均気温   どんな様子
1月 氷点下7.9 雪が積もり道路は圧雪アイスバーンになります。オホーツクでは流氷初日を観測します
2月 氷点下7.2 旭川冬まつりの開催月です。1年で寒さが一番厳しい時期です
3月 氷点下2.5 日中プラスの気温になる日が増えますがまだまだ寒く、朝晩は氷点下まで冷え込みます
4月 5.2 気温がグッと上がり、暖かい日が増え中旬には車を夏タイヤに交換しはじめます 
5月 11.7 梅やエゾヤマ桜、ツツジなどの花が咲き、春を実感できる季節です。川は雪解け水で増水します 
6月 16.5 朝晩は気温が下がり肌寒い日も多いですが気持ちの良い季節。田んぼが綺麗です 
7月  20.6 爽やかな夏。下旬には小麦刈りが始まります。下旬からはヒマワリの見ごろです 
8月  21.1 上旬はヒマワリの季節。1年でもっとも暑い時期です。とうきび(トウモロコシ)の収穫季節です 
9月  15.6 赤トンボが大量に飛び交い、旭岳では初観雪を確認し、下旬頃には大雪山の紅葉は終わります 
10月 8.8 北海道全域が紅葉シーズン。肌寒い日も多くGジャンなど羽織る物が必要です 
11月 2.0 初雪が降り、車も冬タイヤに交換します。10月と比べ気温もグッと寒くなり始めます 
12月 氷点下4.2 雪が積もり始めスキー場がオープンします。美瑛町の裏道などは積雪で通行止めも増えます 

これらを見ても分かる通り3月と4月ではかなりの気温差があり、3月はまだまだ寒いことが分かります。 しかもその時期は街の気温よりも、山の中腹にある旭山動物園での体感温度はもう少し低いと思って下さい。

公共交通機関で移動する方の服装

一番迷うのが3月の服装だと思います。 ペンギンの散歩が続いている間はまだまだモコモコの暖かい格好がオススメですが、 バスや電車を利用して旭山動物園以外にもお出かけするとなると 真冬並の防寒服(スキーウェアなど)では、室内は暖房がきいている為に、汗ばむくらいに暑いところも多いでですし、 街中では寒いのを我慢してでも多くの人が春モノの装いになっています。

3月時期に私が気をつけているのは、暑ければ脱ぎ、寒ければ着込むということが出来る服装を選んで出かけています。

この時期に下着などを過度にガッツリ着込むと、暖房のきいた室内に入ったときに 暑くて大変だと思いますのでそれはあまりオススメしません。 ちなみに下の2枚の写真も2010年3月16日撮影です。


冬期間の旭山動物園には暖房完備の無料休憩所があります!

旭山動物園にはいくつもの無料の休憩所があります。 冬期間は暖房を備えてくれますので、そこで何度か休憩し暖まってから動物園を見学されることも 冬の動物園を楽しむうえでかなり役立つと思います。


▲ページトップに戻る