冬靴選びの注意点

冬靴とは

簡単に言うと、滑りずらく暖かい靴のことです。北海道の靴屋さんでは冬になると靴底が北海道仕様になった物が店頭に並びます。 北海道で生活している人はみな、夏靴と冬靴を持っています。夏靴で冬道を歩く道産子はいません。何故ならとても危険だからです。

北海道の冬靴を選ぶならこういうこと!

もし冬靴を用意できなかったら

もしも滑り止めが付いている冬靴を用意できなかった場合は、ホームセンターや靴屋さんで販売しているこのような 「滑り止め」を購入して自分で貼るか、もしくは靴の修理屋さんなどで北海道仕様の滑り止めを底を貼ってもらうんです!この滑り止めだと、 かかと用 つま先用を購入しても千円ちょっとで購入できます。靴の修理屋さんで滑り止めを貼ってもらう場合は所要時間は20~30分で、料金3,000円前後で、簡単な物なら千円ほどでもあります。※2011年追記~近年は100円ショップでも自分で貼る「簡易滑り止め」を販売しています。靴屋さんで販売しているものより若干溝が浅いですが格段に滑りにくくなります。~

そうしないと雪が積もった冬の北海道の道は危険で歩けません。特に雪道に慣れていない観光客の方はファションよりも安全性を重視したほうが良いと思います。雪道に慣れた道産子でも転んで怪我をする人が毎年いますから・・・

旭山動物園に行く際の注意しなければいけない靴選び!

金属スパイクは禁止です!
なぜならペンギン館の水中トンネルは360℃見渡せる床もガラス張りのトンネル。 その金具で床のガラスを傷つける可能性があるのともう1つは金具でガラスの上を歩くと 凄く滑って危険なのです!!アザラシ館も同じなのです。

その為に、入り口で係りの人が「スパイク付きの靴を履いてる方は、スパイクを仕舞って下さい~!」とお願いしています。

どうしてもスパイクを仕舞うことができなタイプの靴を履いてる方の為にスリッパを 貸してもらえます!入り口でスリッパに履き替え、出口で自分の靴に履き替えることができます。

旭山動物園では、無料でこんなものも貸してくれます!

旭山動物園では冬になると転倒防止のために滑りやすい場所に滑り止めの砂を撒いてくれたり、 こまめな氷割りや雪かきなど色んな工夫で危険防止を心がけてくれています! さらに北海道仕様の冬靴を履いていない観光客の方の為にストッキングや荒縄を貸してくれます! これを靴に巻くと格段に滑りにくくなるのです!!どうしても北海道仕様の冬靴を準備できない場合は

このストッキングや荒縄を巻いて滑らないように気をつけ冬の旭山動物園を楽しみましょうね。 ※無料貸出しには数に限りがあるので、なるべく持参することをオススメします。 いずれにしてもどんな靴を履いても滑るときは滑りますので 雪道を歩く時は冬靴を履き、その靴に過信せず注意深く歩くのが一番なのです。

▲ページトップに戻る