動物の就寝時間

旭山動物園の一部の動物は夕方になると寝室に戻るので見られなくなります

旭山動物園の夏期開園時間は
「9時30分〜17時15分まで(入園は16時15分まで)」

日が沈むのが早い冬とは違い、17時15分まで開園しているのでゆっくり動物を観察できます。
しかし、一部の動物はその時間を待たずに寝室に戻る為に見られなくなるってご存知でしたか?
このページではどの動物が何時に寝室に入るのかをお知らせします。
ちなみに冬期間に見られる動物と寝室に戻る時間はこちら「冬に見られる動物と時間」ページをご覧下さい。

旭山動物園の動物たちが寝室に入る時間は

就寝時間

[午後4時15分]
・チンパンジーの森 (午後4時15分以降は館内でのみ見学できます。)

就寝時間就寝時間

就寝時間

[午後4時30分]
・もうじゅう館(アムールトラ、ライオン、ユキヒョウ、アムールヒョウ、クロヒョウ、ヒグマ)
・さる山(ニホンザル) ・サル舎(ワオキツネザル、アビシニアコロブス、ブラッザグェノン)
・くもざる・かぴばら館(午後4時30分以降は館内でクモザルのみ見学できます)
・こども牧場(カイウサギ、モルモット、ニワリトの仲間、アヒルの仲間、イヌの仲間)
・小獣舎(ヤマアラシ、アライグマ、ウンピョウ)
・おらんうーたん館 ・レッサーパンダ舎
・てながざる館 (午後4時30分以降は館内でシロテテナガザルのみ見学できます。)

就寝時間就寝時間就寝時間就寝時間
就寝時間就寝時間就寝時間就寝時間

就寝時間

[午後4時45分]
・ほっきょくぐま館 ・オオカミの森 ・エゾシカの森・フラミンゴ
・カバ ・キリン・ダチョウ・エミュー

就寝時間就寝時間就寝時間就寝時間
就寝時間就寝時間就寝時間就寝時間

就寝時間

[午後5時00分]
・ととりの村

就寝時間就寝時間

就寝時間

[午後5時10分]
・両生類は虫類舎
(エゾアカガエル、エゾサンショウウオ、ニホンアマガエル、アズマヒキガエル、ニホンマムシ、シマヘビ、
アオダイショウ、ニホンイシガメ、ミナミイシガメ、クサガメ、アメリカアリゲーター)

就寝時間

就寝時間

[常時展示され、閉園まで見られる動物]
・あざらし館 ・ぺんぎん館 ・ワシ ・タカ舎 ・タンチョウ ・クジャク舎・総合動物舎・小動物舎
・キジ舎 ・ワピチ ・ホッキョクギツネ ・北海道産動物 ・ペリカン ・シマフクロウ舎・シロフクロウ舎
・こども牧場(ヤギ、ヒツジ、ポニー)

就寝時間就寝時間就寝時間就寝時間
就寝時間就寝時間就寝時間就寝時間



上記のように午後4時15分を過ぎると、一部の動物達は徐々に寝室へ戻っていきます。
見たい動物が寝室に入って見られなかった・・・・ってことが無いように
寝室に入る時間を把握しておくことをオススメいたします。
(動物の気分次第では、予定時間を過ぎても寝室に戻らないときもあります)
就寝時間
就寝時間